豆乳ローションでムダ毛が減るのはなぜか?

豆乳ローションをつけると体毛(ムダ毛)が減るのはなぜかというと


体毛(ムダ毛)の大元は毛穴の1番深い部分にある毛を作る細胞(孟母細胞)です。

豆乳ローションを自作(精製)する過程で豆乳の中の大豆イソフラボンが活性化しているので
この大豆イソフラボンが孟母細胞が体毛を作る働きを抑えます。


だから ムダ毛の成長が遅くなる、衰えることがムダ毛減に繋がるわけです。

豆乳ローションを使い続けると しだいに体毛(ムダ毛)が細くなり毛の張りも弱くなってきます。


さらに それだけではなく
体毛のメラニン色素をつくるメラノサイト細胞の働きも抑えるので
体毛の色も薄く目立たなくなります。

このようなことから
豆乳ローションが近頃、脱毛、ムダ毛抑制に効くと取り上げられています。

大豆イソフラボンがなぜ脱毛、ムダ毛抑制に効果があるかは豆乳ローション(大豆イソフラボン)の脱毛効果をご参照


※モチロン効能は必ずあるものとは保障されている訳ではありません。
個人差もあり誰でも確実な効果が出るとは限りません 
効果に関してはあくまで自己の責任を負うことを強くおすすめします。

万が一皮膚に異常が生じたばあいは医師にすぐに相談してください

必ず使用する前にパッチテストをしてリスクが生じないか確認してくださいね

パッチテストは次の記事
大豆アレルギーの方も使えますをご参照ください

豆乳ローション

CmsAgentTemplate1001-1005 var1.007